2010年10月27日

自作の勉強用書籍

RZR_new.jpg  core.jpg


作りながら理解するラジオと電子回路 (HAM TECHNICAL SERIES) [単行本]
JF1RNR 今井 栄 (著)
CQ出版
定価2,100円(税込)
JANコード:JAN9784789815604

月も変わりお小遣いが入りましたので、気になっていた書籍をポチりました。まずはJF1RNR今井さんの今秋新刊本です。ランド方式による自作リグに目覚めつつある私には前著の 『ランド方式で作る 手作りトランシーバ入門』 が気になる所でしたが、新刊本の方を先に入手しました。

今回はリグ中心というよりは、半分受信機が取り上げられていますので秋の夜長のBCLには丁度良さそうです。それ以上に書を開いて見て私が良かったと思うのは、前半は電子パーツの基礎についてとても丁寧に書かれていることです。

抵抗、トランジスタ、FET、コイルなど... 最近キットの回路を理解しながら製作を進めている私にとって、コイルとは?と今一度復習したかった所。無線工学のテキストに出てくる題材ではありますが、本著ではより実際の工作や使用に根差した詳しい解説や、テスタなどで動作原理を理解する解説まであり、なかなか丁寧です。近日中に前著も入手するとしましょう。


改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科
トロイダル・コイルの理論・製作と応用回路 [単行本]
山村 英穂 (著)
CQ出版
定価3,360円(税込)
JANコード:9784789830676

自作派には定番の図書、ですね。まだパラパラとしか見ていませんが、かなり専門的でボリュームがあります。コイル巻き好きとしては(笑、ただ指定された通りコイルを巻くのではなく、やはりその動作原理などを理解したくなり、調達しました。リグの発振回路に使うコイルだけではなく、LPF/HPFやオーディオフィルタ・電源ノイズ除去など周辺機器自作にもコイル自作の必要性を感じ、ただネットで作例を真似るだけではなく自分で理解しながら作業したくなった、という訳です。自作の現場には、座右の書になりそうですね。


posted by ハリー伊藤 at 22:13| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

CW pile-up

今、ひそかにブログ仲間で流行しつつある、無線モノ ビデオ鑑賞。

続き
posted by ハリー伊藤 at 11:57| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

QRPハンドブック

qrphandbook.jpgいわずと知れた、QRPのバイブルです。JARL QRPクラブの皆さんにより編纂されました。私がこの書籍に気付いた2007年初には、残念ながら絶版につき、入手できませんでしたが、ex.JA1YMDの大先輩であるJS1BVK山田さんから分けていただきました。
山田さんが執筆されていたことも、この時知ってビックリ。身近に書籍の執筆者がいらっしゃらないので、色々な意味で貴重です。

内容は、QRP自体のとらえ方や楽しみ方、自作リグ・アンテナ・移動運用と、QRPで楽しむ上で幅広い話題を掲載しています。
私個人としては、庄野OTと山田さんが執筆された「楽しみ方」が
一番楽しく拝読させていただいた話題でした。
posted by ハリー伊藤 at 23:06| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

CQ誌 2007/3 特別付録

img088.jpg最近のCQ誌については、ネタの繰り返しなど手厳しいご意見が多いですね。最近努めてやさしい入門記事を掲載されているようですね。私はカムバックハムですし、入門記事の目の付け所もなかなかいいなと思っていたので、むしろ暖かい目で最近毎月購入していました。

が、今回の別冊は、おそらくメーカからの広告収入アリの内容でしょうし、ま、そうでないとしても、ネット時代ではカタログレベルの製品説明列挙では、「いらないよ〜」。

それでもって、年末特大号でもないのに930円はないよね...と文句タラタラで休日出勤の途上読み出しました。 と・こ・ろ・が

続き
posted by ハリー伊藤 at 18:09| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。