2007年06月15日

秋葉原アルコール変調

今週は仕事が最悪の状態で、心身共クタクタだったのですが、ちゃっかり
昨晩、JG1UKW/QRP 宮嶋さんと初アイポールがかないました!

img150.jpg

宮嶋さんの記事では、しっかり過程の写真が満載でしたが、
アルコールエンジンの私は、この手羽先達の写真だけ(汗

宮嶋さんのブログでは、今回の私のカムバックを決定付けた、ミズホ通信の
高田さんからの、いまでも温かいアドバイスのお言葉を拝見したのがきっかけ。

それ以来、子持ちサラリーマンの無線生活、IOTA、QRP DXingの楽しみ方を
そして、島移動のダイナミックさ(!)を教えていただいたのです。

娘さん3人もいらっしゃって、一番下のお嬢様はまだ小学生と記事にあったのt
また、とても若々しくフレンドリーなコメントと、淡路島移動終了直後、
PHSで初めてお聞きしたお声から、若くして3人の娘さんを授かられたのかと
勝手に想像していましたが、待ち合わせの秋葉原ラジオ会館前で初対面して
いい意味でイメージと違った宮嶋さんにお会いできました。

長女さんは既に独立される程ですので、世代としては私よりもずっと先輩なのですが
とても若々しいご活動とフレンドリーさには、今までの私が経験した
人間関係としてはなかった、新鮮さを感じました。

さてさて、何の話題であったかですが、

まずは、ブログで寄り合っている皆様のお話。
宮嶋さんから、お会いした方・お会いしていないけれどもこれまでのお世話になった
お話などを拝聴しました。

やはり、皆様共通して言える事が、技術的好奇心が延々継続されていることと
それを仲間達に、特に後進の仲間達に丁寧に伝えてあげようとする熱心さ、
そして、ブロガー各位の「マメさ」について話題に。

そして、本題の真珠島運用について。
ここでは書けませんが、見えない苦労談たち、宮嶋さんの反省点、
今後の島移動のあり方、残念なお話もいくつか出ました。

自分が楽しむと同時に、皆さんに迷惑をかけないこと、色々な意見を持たれる方が
この趣味の世界にもいらっしゃるので、どう調和していくか、など
改めて考えさせられる、でも何年経ってもバランス・調和が難しい事柄もありました。

でも、そのバランス感を保ってこそ、達成感のある充実した結果。
宮嶋さん、コツコツまじめに、でもそんなに思いつめずに、どうやって
皆さんも気持ちよく、自分も楽しくということを心がけていらっしゃるんだなぁと
感じました。

あとは、やはりQRP&島移動の今後。
QRPが活動の中心になったのは、皆さんおそらく同じ動機の
「こんなパワーと設備で、こんなに遠くまで飛んじゃった♪」
というお話。

島移動は、許可や自己責任の捉え方といったハードな現実面と
いかに皆さんで楽しめるか、そういった建設的な話題のキャッチボール
となりました。


私は、引きずっているトラブルが収束せず、今週も心身ともに使い果たし気味
だったのですが、どうしても宮嶋さんとはお会いしたく、そして初めての
無線仲間とのアイボールを通して、元気になりたくて宮嶋さんに無理申しまして
早速お会いいただきました。

別れ際、宮嶋さんからは

「特に世代を超えて、皆で楽しむことを続けて行きたいから、
これを機によろしく!」

とお言葉を頂き、握手をしてお別れしました。

ちょっぴり、ジンとして川口への帰途につきました。
おかげで、元気が充電されました!

皆様先刻ご承知の通り、燃費の悪いアルコールエンジンの私は
宮嶋さんを二日酔いにしてしまったようです。反省。(苦笑

宮嶋さんがお会いになった無線仲間の皆さんは、燃費の悪い方も
多数とのことです(笑 
是非、皆さんと楽しい島移動をして、その後大宴会!なんていいなぁ

また、私の無線での夢がひとつ増えました。
posted by ハリー伊藤 at 23:07| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JM2DZL/1 ハリー伊藤さん
おはようございます。

 木曜日は、アイボールありがとうございました。
楽しい時間が、アッって言う間の時間が過ぎてしまいました。
伊藤さんの宅のお子さんは、まだ小さいので一緒に遊んであげて下さいね。
我が家のように大きくなると相手にされませんよ。(/_;)

カンバックをせっかくしたのですから、サイクル24を経験して下さい。
こんなにDXが聞こえるときっと思いますよ。
伊藤さん宅は、地上高が確保出来ているのでちょっとした工夫のアンテナで遊べると思います。
今後も、こんな私ですが宜しくお願い致します。


Posted by JG1UKW/QRP at 2007年06月16日 05:41
ハリー伊藤さん、おはようございます。

宮嶋さんは本当に良いかたですね。
ハリー伊藤さんと宮嶋さんは是非一度お会いしてみたい方です。

一口にアマチュア無線と言っても、本当に様々な楽しみかたがあるものですね。

そういう違った楽しみかたをしている方々とも上手く協調して、仲良くやっていきたいです。


「こんなパワーと設備で、こんなに遠くまで飛んじゃった♪」・・・これはQRPにはまった人たちの共通の感動ですよね。今でもこれがあるから止められない!
特に遥々とDXまで飛んで行っちゃったときの感動は大きいです。

時々、我が家のアンテナを見上げて、こんな簡単な設備で、どうしてあんなに遠くまで、飛んじゃうんだそう??と不思議に思います。

この楽しみを後進に伝えてみたいですね。「感動と驚き」を伝えてみたいです。
・・・と言っても私自身「後進」なのですけどね。その感動がしっかりと伝わってきました。

後は、この記事を読んで思ったことは、一社会人として責任を持って、社会と上手くバランスを取ながらやって行くことが大切だな・・と思いました。

アパマンのアンテナ設置や、インターフェアにも気を配る必要がありますし、移動時も、ひょっとしたら、誰かに大きな迷惑を掛けているかも知れませんね。

宮嶋さん島移動の記事にもありましたように、ゴミの問題とか・・。

私たちも、自分の楽しみを通して、社会に貢献できるような方向性を模索してゆく必要性もありそうです。
Posted by JL8KUS/壺内 at 2007年06月16日 07:47
JG1UKW/QRP 宮嶋さん

当日は本当にお世話になりました。
私人生で実質初のアイボール、あっという間の
ひと時でした。

この週末は記事の通り、子供達との時間をすごしました。

いつも、無線の時間というわけにはいきませんが
細く長くと考えています。
今後共、よろしくお願いします。


JL8KUS 壺内さん

アイボールは、機会があれば是非、と私も思っております。
宮嶋さんにもお話したのですが、私は仕事上で
札幌なら行く機会がなくはないのです。

#現に一昨年あたりは、よく行っていました

最近、北へ行く機会が少ないのですが、
なんとかチャンスを作りたいですね。

趣味と社会性については、無線に限らず
あらゆる趣味に共通した課題だと思います。

ただ、無線は国境をカンタンに越えますので
広い視点からの社会知識(地理や世界情勢)と
社会性は特に重要だと思います。

亡父も、無線の資格取得には非常に協力的でしたが、
単に機械好きということだけでなく
こういった社会性を学ぶ場として、勧めてくれたと
今でも思います。

当時小学2年の私には難しすぎてライセンスは高校生までお預け
となるわけですが、今ライセンスを持って
運用している意義を、最近つくづく考えなおしています。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年06月18日 12:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44968994

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。