2016年03月27日

管球式ラジヲがやってきた!

IMG_20160322_182343.jpg

先週、自室に管球式ラジオが貰われてきました。趣味で古い管球式ラジオを修理なさっている方から譲り受けました。松下電器製『UM−385』という機種です。ネットで調べると昭和30年代前半の製品。私より年上ですね。

どうも以前の所有者が棚から落としたのか、ケースの一部割れとスピーカーが外れたのか前面から穴を開けてビス止めしているという程度としては完璧ではありませんが、修復士の方がケース補修されて再塗装されているので見栄えはとても綺麗に修復されています。

ヘタりが激しいであろうコンデンサー類は全て交換されていますので、しっかり鳴ってくれています。自室の鉄筋コンクリート造マンションのベランダ無し閉鎖空間でも、外部アンテナ無しで結構大きな音で鳴ってくれていて驚きです。自作の数石トランジスタラジオとは大きな感度差があります。実に実用的です。

IMG_20160322_182111.jpg

この製品の特色は、管球式ラジオにしては小ぶりな事と(トランジスタラジオよりはかなり大きいですが)昔懐かしマジックアイが『!』マークの形で光る『1H3』を搭載しているという所でしょうか。ところが『1H3』は非同調で明るく光り、同調時に少し暗くなるという一般的な瞳孔の形をしたマジックアイと正反対の光り方をします。

またこのマジックアイの輝度差が殆ど差が無いので、実用性は残念ながらありません。私自身は中波ラジオの同調は一番低い音になる所へ、と小学生の頃父親に教わりましたしトランジスタ時代にはマジックアイはありませんでしたから音で同調することに慣れていますが、管球式主流時代は同調させること自体が難しいオペレーションだったのか上位機種の象徴だったのでしょうか。

音質ですが、一言でいうと実にマイルドです。現代で好まれるスピーディーで突き刺さるような音は到底出ませんが、中波放送番組の中心となっている人間のトークにはもってこいです。AMの振幅変調は中低音域の厚みが魅力ですが、そこを管球式は強調して聴くことができるイメージ。

中高域もしっかり出るHi-Fi的な音質とは大きく異なった音質傾向ですので音楽聴取にはつまらないと思いますが、トーク番組を中心にラジオを楽しまれる場合には音がマイルドなため聴き疲れが無く好適です。一番電気的に心配なコンデンサー類が全交換されているので、この後もかなり楽しめそうです。

posted by ハリー伊藤 at 23:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジヲの製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435769777

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。