2016年02月23日

現代DSPポケットラジオの製作(フィールドテスト編)

IMG_20160222_152239.jpg

現代DSPポケットラジオのフィールドテストを実施しています。一言で言うと、フィールドでの実用性は抜群です。私個人がメーカー製で持ち合わせているのが19年前のソニー製ポケットラジオですが、同等というか上回る勢いです。

ソニー製ポケットラジオは電子制御式でDSPが入っているかは不明で、おそらくラジオ専用ICが定着した時代のものだと思います。今回の作品は同調から低周波増幅迄全てワンチップで、信号増幅はDSPですから恐ろしくクリアーな聴き心地です。

レトロなディスクリート回路でないと、とも思っていましたが、移動しながら使う実用品としてはやっぱり安定した受信性能が大事なので、これはこれで素晴らしいですね。回路には手を入れられませんでしたが、ケーシングの工夫でオリジナリティが発揮出来たので満足度は高いです。


フィールドでの使用感

屋外であれば、およそ中波各局は綺麗に聴こえて音量も一定
電界強度が弱くなっても粘って、放送の音は消えずに聴こえる
電界強度が弱いと、ノイズこと過増幅するのでノイズまみれ

基本は中波局を楽しみ、受信品質によっては気軽にワイドFMへ切替

気軽に切替えチューニングは信号のある所にスパッと入る感じ
チューニング操作で最良点を探るような操作は無い
電界強度強い所ではバーアンテナの方向無関係

中波局は、なかなか厚みのある音で鳴ってくれる(ヘッドホン)
M6952内蔵アンプのNJM2073のS/N比は悪い
静かな室内でのヘッドホン聴取には無理がある
スピーカーで聞く分には、S/N比の件は気にならない(個人による?)
屋外歩行時にはバックノイズがあるので、ノイズは気にならない
開度後半ではかなりクリップ(音が割れる)する

何日か外出時に試聴しましたが、静かな部屋でヘッドホンで聴くには(S/N比的に)耐えないので、屋外移動時ヘッドホン聴取用と出先でのスピーカー聴取用のセットと用途を割り切れば、総合的に実用性高くコストパフォーマンスも優れていて簡単な外部回路で再現性が良いので、良いラジオモジュールです。


2016/3/2追記

ホワイトノイズの正体ですが、M6952ではなく外付けのオペアンプ NJM2073D の問題でした。ボリューム(M6952内のボリューム回路ではなくて、オペアンプ前段に入れています)を絞ってラジオ音声が無くてもホワイトノイズが酷いので、もしやとネットで「NJM2073 ノイズ」で検索するとあるわあるわ...

残念な対処法ですが、オペアンプ出力段のパスコンの後段にアッテネーターで100Ωの抵抗を繋ぐと軽減はできるようです。相対的にノイズを減らす対処であり出力に混ぜ物が入るのでどうかとは思いますが、電源電圧の関係もありNJM2073を使わなければならないので後日アッテネーター追加を試そうと思います。




また、地元川口はJOQRの強電界影響でJOLF・JORFが自作ラジオではさっぱり受信出来ませんでしたが、コレなら弱いながら(屋外でもノイズまみれではありますが)内容を理解できる程度には聴くことができます。SINPO=23232位です。それから、DSPだから当たり前なのでしょうが、選択度は素晴らしいですね。我が地元のような強電界地域には恩恵が大きいDSP回路構成です。

AKC6952の内蔵アンプはスピーカー駆動には力不足らしいので、M6952の外にオペアンプNJM2073を使った低周波増幅段を追加していますが、最初は音が歪んで参りました。後でAKC6952内蔵アンプが試作時にクリップしまくっていたのを思い出し、適切に抵抗で減衰させたら綺麗な音になりました。

image

たった27mm径の超小型薄型のスピーカー(Fostexブランドで知られたフォスター製)ですが、上述処置後にはなかなかいい音で鳴ってくれます。ケースを横型に寝かして机上とスピーカーを90度の関係にすると、低音が強調されてラジオ聴取にはそこそこの音が鳴ってくれています。

IMG_20160224_134805.jpg

自宅に、何の付属品だったかすっかり忘れましたが、丁度良いサイズの巾着袋があったのでキャリングケースにしてみました。FMはイヤホンアンテナ化しているので、スピーカー聴取時用ロッドアンテナも入れられる仕切りがあって具合良いです。

IMG_20160224_134727.jpg

すこーし味付けがないと快適にはならないこのモジュールですが、そのツボを理解して対処してケーシングも楽しめば、なかなか実用性の高い自作ラジオの1作品になると思います。

posted by ハリー伊藤 at 21:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジヲの製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。