2016年02月10日

次作のネタ(ポケットラジオケース編)

IMG_20160208_004904.jpg

今回のラジオ製作マイブームでは据置き型のケース実装も含めた楽しみ方中心でいましたが、各ご先達のサイトを見て回るとポケット型ラジオの製作が多く見受けられます。ラジオ製作が流行っていた1970年前後の日本では「購入するより安価にコンパクトなラジオを作ることができる」という事にも主眼が置かれていたようで、コンパクトで携帯型のポケットラジオタイプの作例が多く見られます。

そこでポケットラジオ型にも少し興味が湧いてきまして、天邪鬼な自分としてはよくあるプラスチック・ポリエステルケースではつまらないと思い、ちょっとスタイリッシュなポケットラジオケースを模索。そこで100均でコンパクトなペンケースを発見。ピンクとグリーンなど色が選べて、ケース加工時に割れが少なそうな粘りのある材質です。

IMG_20160208_005050.jpg

サイズ的にはこんな具合です。乾電池は単3型2本3V形態や006P 9V共に実装可能で、ポリバリコンも何とか入ります。バリコンのダイヤルは残念ながら収納出来ない高さなので、チューニングダイヤルはむき出しになりそうです。

IMG_20160208_005138.jpg

携帯性はこんな感じです。現代のポケットラジオにしては大きいですが、自作ラジオとしてはスリムでなかなかスタイリッシュです。スリムなので、胸ポケットや鞄の中に入れやすいのではないでしょうか。スピーカーは4cm径の物が収納できて、試しに一般的なアルニコタイプの4cmが丁度入ります。

収納する回路としては、前回がストレートだったのでこのケースにはレフレックス回路を収納してみたいと思います。レフレックスならば石数の割に感度も良さそうですし、コンパクトに仕上がりそうです。
posted by ハリー伊藤 at 17:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジヲの製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433573536

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。