2016年02月04日

3石ストレートラジオの製作(ヘッドフォンで聴く)

IMG_20160126_231954.jpg

少年時代から、『ラジオと言えば、スピーカーで聴けなくては』という思いがあり、今回もスピーカー駆動が出来るように2SC1815・2SA1015 2石の低周波増幅回路を付加しています。これとアルニコスピーカーの組み合わせで、内蔵スピーカーでも自作ラジオにしてはなかなか聴きやすい音を出してくれます。

一方、この低周波増幅回路を付加したお陰でセラミックイヤホンではなく携帯プレーヤー用の一般的なヘッドフォンが使用できるようになったので、愛機のヘッドフォンで試聴してみました。ボリュームは、スピーカーですといつもボリュームを回しきって聴いていますが、ヘッドフォンの場合は1割程度の開度で充分に楽しめます。

ヘッドフォンでの聴取、これがなかなか良い音がしてビックリ。低周波増幅回路のスピーカー前段パスコンをオリジナルの330μFから1,000μFへ装替したのが効いたのか、男性アナウンサーの喋りにつきまとう低音がしっかり出てきていて、高域〜中域についてもスピーカーで聴くのとは違ってHiFiな感覚を得ました。

IMG_20160129_200832.jpg

そして、千石電商さんでgetしたこの380円ソーラーパネル(5.5V/0.55W)ですが、これだけでヘッドフォン駆動なら充分実用になりました。ボリュームの位置としては4~5割程度で充分な音量でした。サイズも小さいですし、これは使えますね。スピーカー駆動はこのパネルから1W・2Wの物まで試しましたが、実用レベルの音量を確保できませんでした。

ソーラーパネルを実験の結果、何故か開放なら電圧が5.5V定格となるのに回路接続後は3V程度になってしまうのです。しかし、単3乾電池2本の3Vではもっと大きな音が得られますので、3Vレベルでも電流も流せていないようです。ソーラーパネルの知見に乏しいので、おいおい勉強して改善したいと思います。ひょっとしたら、電気スタンド光だからダメで日光下なら大丈夫かもしれませんので、週末に試してみようと思います。

posted by ハリー伊藤 at 17:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジヲの製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。