2007年04月18日

DXerにチャレンジ!

昨日のお買い物から。営業外回り先で『Office DEPOT』という文具チェーン店にて。

『チャレンジ!』のタイトルは、JG1UKW/QRP 宮嶋さん風(笑

DXerになるには、ビューロー経由のQSL以外に、SASEも心得ないとということで。
たぶんビューローでcfmできるはずの、先日交信した『6M22』(韓国の記念局)ですが
並行して、SASEの練習もしてみようということで、洋形封筒をゲット。

img079.jpg

『SASEの送り方』でググれば、色々な情報が得られました。
返信用封筒が折らずに入れられるよう、返信用は洋形2号
往信用は洋形1号として、一回り返信用が小さい封筒です。

海外では結構封筒の中身を狙った犯罪が多いらしく
IRC(国際返信切手)や、発送国用返信切手などは有価証券類として
狙われるらしい。

なので、往信用にはコールサインなどハムとわからない様にするとか
ビジネスメール風に見せるために、味気ないプリンタ打ち出しの宛名や
はたまた往信切手も極端には、郵便局窓口で料金を支払った際に
貼付される、キカイ打ち出しの料金受領ラベルで対応するらしい。

あとは、QSLマネージャやあて先本人が返信しやすいテクニック

・カードの情報と自分のコールサインは片面に集約する
・返信用封筒には両面テープなどで閉じやすくしておく
・返信封筒にコールサインを書く(前述と矛盾するか?)
・キレイな記念切手や絵葉書などのお土産を同封する

などなど、アドバイスがありました。
先進国で、郵送事故が心配されない国々への発送の際は
往信用にキレイな記念切手を貼るのも手だそうです。

著名DXerのwifeの皆様方には、毎日のように世界各国から
届く郵送物に貼られる切手のコレクターになられている
例が結構あるそうです。

殿方の趣味を温存するためにも、wifeの皆様への心遣いも
ということだそうです。勉強になります。

img080.jpg

目をつけていた、プラスチック材質のクリップもゲット。

これは、VCH式アンテナを設営する際、グラスロッドに
エレメントを固定するのに、いちいちテープを使うのが
面倒だったので、電気的な影響が少ないであろう、プラ材質を
選びました。

ただ、ばね部は金属なので、カンペキではないですが...
利便性確保を優先となりそうです。
posted by ハリー伊藤 at 12:52| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JM2DZL ハリー伊藤さん
こんばんは・・・(^^)

これからコンデションが本当に良くなりますから、QRPerでもDXCCがゲットが出来ますよ。

ちょっとしたDXのコンテストでQRP-CW(21MHz)あたりで本当にWとQSOが出来ますよ。

DXerにチャレンジ!⇔DXCCにチャレンジにきっと変わりますね。 (^^)v

7K1CPT 山田さんは・・・ちょっとした移動でゲットをしています。

QRPでもDXCCにチャレンジをしましょう。
Posted by JG1UKW/QRP at 2007年04月20日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3M スコッチ透明テープ・15mm×35m・10巻入
Excerpt: 3M スコッチ透明テープ・15mm×35m・10巻入 BK-15・照明(クリップライト)自作・アサヒ 包装用クラフト紙900mm×27m 1セッ・750ct クリア(ガラスオブジェ・置物)・ウィンドウ..
Weblog: 文具 テープがたくさん
Tracked: 2007-10-02 11:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。