2007年04月02日

ミズホ通信と敬称

昨日、ネットでこんなサイトを見つけて思ったこと。

The MIZUHO and NISHI MUSEN Reflector というサイトです。

and unofficial English language Mizuho enthusiasts site とあります。

「enthusiasts」とは、クルマを趣味にする分野で「あのヒトはエンスーや」
という言い方をします。(なんで関西弁?)

この言葉、私なりの解釈では、

「ある意味マニアックな、でもとってもステキなクルマを愛し、愛で、
乗るヒトたち」

大事なことは、眺めたり飾ったり「だけ」ではなく、
「実際にそのクルマを実用品として活用する」
という意味にあります。

ある意味、そのモノ達への崇拝や、その魅力に駆られる方たちへの
憧憬を含んだ言い回しでもあると思います。

エンスーという響きにググっときました。

そしてそして...

みなさん、このURLをチェックなさってください。
高田派(勝手に名乗ってスミマセン)の私にとって、涙が出るほどスバラシイ内容です。

特に、Factory Tourだなんて...

JA1AMH 高田OMのお姿もあります。
余談ですが、私が初めて覚えたコールサインは、JA1AMHです。

私のミズホ通信さんとのつながりは、プロフィールに書かしていただいた通りですが
なんと言うか、遠く離れたWの方にここまでミズホ通信への思い入れを
記載いただきながら一方ローカル国の私はどうか...
全く持って驚きと反省であります。

そして、昨今の高田OMのお写真を拝見するに、
チョッピリ時代の移り変わりを覚えます。

私の中では、ラジオの製作で甥っ子さんをモチーフにした、
ハム入門の連載記事で拝見した、若々しい高田OMのお姿。

そして、小学5年生の頃
ラジオ短波で日曜早朝に、亡父と聞いたアマ国試入門講座紹介での若々しいお姿。

私の中では、そのままでいたので、お元気ながら最近のお姿を拝見するに、
時代を感じる次第です。

私、なんでもかんでもOMと敬称をつけるのに抵抗がありますが、高田さんには自然に
「OM」と敬称をつけてさしあげたいと感じます。

OMの意味も、高田OMに教わったことを鮮明に覚えています。

今年、私の人生では初めてハムフェアに参加する予定です。
高田OMをはじめ、私の中の憧れの方たちにお会いできるでしょうか。
今からとても楽しみです。
posted by ハリー伊藤 at 03:02| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伊藤君,こんばんは.

このサイトを伊藤君も見つけましたか.海外にこそ,こういったマニアックな人はいるものだと思いました.CB用ピコAMは以前から知っていましたけどね.これが eBay のオークションに出ると $4,000 とか非常識な落札価格になるんです.

他にもレアなピコとしては,18MHz, 24.5MHz, などがあるけど,14MHz のピコも今にして思えばレアかも.家に1台あります.掲載されている高田さんの写真は,QRP ARCI の機関紙 QRP Quarterly Summer 2006 にも掲載されているからサイトの管理人は K7VO でしょうか.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2007年04月02日 18:59
わー、こんなサイトがあるのですね。すぐに「お気に入り」に追加しておきました。ゆっくりと見てみます。

高田OMには、ハムに限らず、BCL少年も随分お世話になっているはずですね。
色々なノウハウを追体験してみたいです。
P-7DXの回路図なんて何処かに載っていないかな?見てみたいな・・・。

ラジオ短波のアマ国試入門講座・・懐かしいですね。たしかアナウンサーの大橋照子(字はこれで良いのかな?)さんも一緒にアマの資格を取ったんですよね。
SSBのパイル様子なんかを放送していた記憶があります。
Posted by JL8KUS/壺内 at 2007年04月03日 21:07
みなさん、こんばんは。

ラジオ短波のアマ国試入門講座...は
「CQアマチュア無線普及会」という通信教育業者が
教材を使った受講用として、日曜早朝に放送していたものです。

実際、私も亡父にこの通信教育講座費用を出してもらって
受講させてもらったのですが
プロフィールにも書いたとおり、小学校低学年には
難しすぎて、そのままになっていました。

たぶん、壺内さんのおっしゃった、大橋照子さんの番組とは
違うと思います。

大橋照子さんの番組は、アマチュア無線専門番組、という
趣向のものだと、ねっとの昔話(笑 で見た覚えがあります。

私はその番組は聴いたことがなかったのですが、
SSBのパイルの様子、などと聞くと是非聴いてみたい番組です。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年04月03日 21:50
伊藤君,こんばんは.

それから,高田さんと言えば,僕が高校生くらいの頃1976年当時に,初歩のラジオを買うとオマケについていた電話級受験用の申込用紙の記入例が高田さんでした.生年月日から名前から住所から,全部リアルに記載されていたから,今では想像も出来ない記載例でしょう.写真までご自身のモノが貼付されていました.少年ハムを育てる心を,当時から持っておられたのですね.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2007年04月04日 23:37
JS1BVK/3 山田さん、こんばんは。

懐かしい話題ですね。

私はラ製派でしたが、同様の記入例を
ラ製か上述の通信教育でか見た記憶があります。

高田さんの顔写真であったことを
鮮明に覚えています。

懐かしいなぁ〜

Posted by ハリー伊藤 at 2007年04月05日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。