2007年03月11日

QRPハンドブック

qrphandbook.jpgいわずと知れた、QRPのバイブルです。JARL QRPクラブの皆さんにより編纂されました。私がこの書籍に気付いた2007年初には、残念ながら絶版につき、入手できませんでしたが、ex.JA1YMDの大先輩であるJS1BVK山田さんから分けていただきました。
山田さんが執筆されていたことも、この時知ってビックリ。身近に書籍の執筆者がいらっしゃらないので、色々な意味で貴重です。

内容は、QRP自体のとらえ方や楽しみ方、自作リグ・アンテナ・移動運用と、QRPで楽しむ上で幅広い話題を掲載しています。
私個人としては、庄野OTと山田さんが執筆された「楽しみ方」が
一番楽しく拝読させていただいた話題でした。
posted by ハリー伊藤 at 23:06| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 書庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、CQ出版はこの本といい
釣竿アンテナの本といい、
私のつぼにはまる本はなぜか皆
絶版なんですよねぇ…
絶版本はWebで公開!とかやってくれないかなぁ…
Posted by Simo at 2007年03月12日 21:54
 今日は。

Simoさん Wrote..
>うーん、CQ出版はこの本といい
釣竿アンテナの本といい、
私のつぼにはまる本はなぜか皆
絶版なんですよねぇ…

 というより、せっせと本屋へ行きましょう。
 こういった“自作関連本”は出版数そのものも少なくてかなり努力しないと見落としたらアウト・・かも。

 ちなみにCQ誌本体は、かなり傷んできましたけれど、一応40年分ほどは物置にあります。取り出した途端に塵と化す可能性は大きいですが、古い記事が知りたければ、駄目元ですから、お問い合わせを。
 なお付録は揃っていません。
 ハムジャーナルも113号(だったかな?)まであります。
 “吊り竿アンテナHB(だったかな?)”もあります・・・・

 活字ヲタク 田島 JA1XFA/QRP
Posted by 田島建久 at 2007年03月13日 12:44
田島様

>せっせと本屋へ行きましょう

仰るとおりですね。この類は「みつけたら即ゲット」が鉄則のようで…。
ときおり、ハムショップの片隅に眠っていたりするので、やはりまめなチェックは欠かせませんね。

40年分ですか…凄い…。
私もQRT前は何年分かため込んでいたんですが
もう散逸しちゃってるだろうなあ…
もしもの時は、是非。よろしくお願いいたします。
Posted by Simo at 2007年03月13日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35772499

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。