2007年02月23日

So Cool! Microphone

『CWオヤジへの道』には邪道ですが、マイクの話題。

image1079363956_c7474055c973cc4de.jpgこのマイク、オーストリアのマイクメーカ「AKG」というところのプロ用マイクです。

AKGは、スタジオ録音用やステージ用、プロ放送局用のマイク、ヘッドフォンメーカとして有名です。
いまだに、真空管式マイクとか作っていて、その柔らかな音がジャズ系のミュージシャンやエンジニアに、もてはやされているとか。

私は元放送部ということもあり(?)業務用機器には異常な関心がるのですが、マイクは特に身近で好きなジャンルです。
AKGも、ステージ用ワイヤレスマイク1セットとヘッドフォンを持っています。

プロ用マイクといえば、SUREが有名ですが、私は天邪鬼なので、2番手や3番手が大好きなのです。オーストリア製というのもなんとも気になるじゃないですか(笑

そして、パドルの自作を試行していて思ったのが、「マイクも作ってみたいなぁ」

FB系の腰のある同軸ケーブルを使った、ブームマイクも昔何度か手がけましたが
なにか意匠面で一工夫してみたい...

そこで思い出したのが、この「ペンシル型マイク」です。

どーです、スマートでかつ何ともプロっぽくていいでしょう?
私だけでしょうか(笑

最近日本のTV局でもたまに報道あたりで見かけますが、
CNNなどの海外系放送局の報道系やトークショーで良く見かけます。

しかも民生品には見かけない独特の意匠...

まずは、コンデンサマイクユニットの入るアルミパイプを斜めにカットして
例の艶消しスプレーで塗装して...

下の自在ブームと、その接合箇所はどうするかな...
そんな空想をしている時が、一番楽しかったりする...

posted by ハリー伊藤 at 12:55| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マイクの話を始めると,電研技術班時代からの話を始めることになりそうです.僕が電研に入部した頃,技術班ではオーディオアンプと言えば,秋田大学助教授の金田明彦氏設計のアンプが主流でした.その金田氏もAKGのマイクカプセルを使ったマイクアンプを設計しています.

金田氏はアメリカのショップスとオーストリアのAKGのマイクカプセルを選んでいます.ショップスの製品ではMK−4をAKGの製品はCK−1を使用しています.値段もついでに言えば,MK−4は1個80,000円,CK−1は1個30,000円ほどです.(1981年当時)

で,僕もショップスのMK−4を2個買いました.しかしマイクアンプは今も完成に至っていません.録音するのがアホらしくなってしまったためです.マイクカプセルは,当時の思い出として大切に保管しています.

MK−4とCK−1は,いずれもエレクトレットコンデンサマイクですから,印加するファントム電圧が必要です.その電圧が微妙に違うのですね.MK-4は60VでCK−1は62V.このためだけにシリーズレギュレータの設計をしていました.

一昨年だったか昨年だったか,トリオのTS-130Vのハイファイ化という記事がCQ誌に掲載されましたが,この時にマイクアンプにAKGの昇圧トランスを使用する話が出てきました.僕もTS-120Vを持っているので,あの改造記事はむさぼり読みましたが,アイコムや八重洲のハイエンド機(100万円以上するリグ)を買うくらいなら,こういった改造をしてみたいと切実に感じました.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2007年02月23日 15:45
山田さん、こんばんは。

なるほど、AKGはストーリーを調べ切っていませんが
やはり最前面ではなく、すこし入ったところに活躍の場
があるようで、なんとも私のココロをくすぐります。

リグのハイファイ化(ハイファイという言葉自体が
70年代を彷彿とさせる...)も、一部で研究サイトが
にぎやかですね。

私の唯一のゼネガバ機、FT-817もSSBの送信音質は
附属のハンドマイクでもなかなかだと、あるハイファイ
志向の方のサイトで拝見しました。

いつだか、山田さんも「FMの人たちは、SSBを倦厭する
方もいる様だが、結構SSBもいい音がすると思う」と
仰っていたのを思い出しました。

そうですね、ハイファイ化なんて奥が深くて
しかも絶対評価の方法もあるでしょうが、最後は
自分自身の「聴覚」要素が大きいので、趣味の視点
からは、これまた面白い分野ですね。

さてさて、この間見つけたアイテック電子 千葉さんの
1996年購入 AM TX/RXキットも仕立てねば。
なかなか深い変調がかかって、いい音だと聞いた記憶が。

FT-817は、AMの受信はまあまあだが、送信はまったく
浅くてダメなんだそうです。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年02月23日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34484380

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。