2007年02月14日

CW修行 モバイル版(骨董系)

CW修行を楽しくするために研究中。
JL8KUS壺内さん紹介のゲームボーイ利用のCWTAもグーですが、
私は骨董系で攻めてみます。

最近、ご存知でない若手も増えているようですが、HP社のHP200−LXという
DOS/Vモバイル機です。

当時は、これでパソコン通信(インターネットではない:笑)Nifty-Serve
ができるぞ!と私の記念すべきモバイル1号機であります。

この質実剛健なデザインが忘れられず、手放さずにタマにおもちゃ箱から
取り出してみてはいじっています。

JJ3LQPさんのサイトでHAMLOG端末に利用されているのを見て、

「そうか、DOS/V用のモールストレーナを入れれば!」

とあいなった次第です。

ただ、この子には、イヤホン端子という概念がなく、残念ながら公の場では
使えません(苦笑

これじゃモバイルじゃないじゃん!

ということで、専ら自宅使いです。

コールサインをシュミレーションするので、数字と欧文がランダムに
出てきてくれるので、非常に実践的な修行ができます。

DSCN3315.JPG
posted by ハリー伊藤 at 18:57| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | CW道修行と交信術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは、また・・・ずいぶんと・・。
大正時代のパソコンですか?
白黒ですねえ・・(笑)

JJ3LQPさんの、「ドスモバ」を参考にされたようですね。そういえば、もばさんはこの頃は体育会系のようですね。面白そうな人です。
そう言えば・・私をA1 CLUBに誘ってくれたのも、もばさんでした。

CW修行、頑張っていますね。
私もほどほどに頑張ってますけど、なかなか・・・まあ、そのうちに・・(笑)

確か、この頃のDOS/Vパソコンは、立ち上がりが早かったですよね?
今は、SW入れてから、トイレにでも言ってこようか・・と言うぐらい、時間がかかります。

これで、思いっきりCWで遊べる日も近いですね。個性的なCW符号の洗礼を受ける日もまた近ずいたかも(^^;)
Posted by JL8KUS/壺内 at 2007年02月14日 23:33
壺内さん、こんばんは。

えぇ、大正末期です(爆笑

そう、このころのマシンは、子気味よく良いフットワークでした。

たしか、サラリーマン3年生あたりの1995年頃
こんなハードでも5万円近く+1万数千円のフラッシュメモリ
に日本語化キットがついていて、日本語化したらNiftyのBBSで
活用法を読み漁りました。

東京に遊びに行ったついでに、若松通商でクロック倍速化キットを
入手し、おそるおそるクリスタルを交換してドライバをあてた
ものです。なつかしぃ〜

このデザインと設計思想が大好きなので、何とか使い
続けたいのですが、せめてイヤホン端子があれば...

終わりの頃は、PHSカードでInternetもつないでいたんですよ!

春までには、準備万端(?)でお空でお会いしたいと思っています。

やっぱり目標は、ラグチューですね。欧文も和文もやりたいです。
宮嶋さんのように、アワードハントも!やることは一杯です。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年02月14日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。