2007年02月12日

姫の雛飾り

節分も過ぎたので、雛飾り。

「なんだよ、こないだ仕舞ったばっかりなのに」と思うことしかり(笑

さすがに、6回目ともなると(長女1月生まれなので、初節句は満1歳にやった)
雛壇の段取りや、飾り順など暗記で対応。

長女も今年から飾り付けの戦力になったので、あっという間に作業完了。
次女のは、ガラスケースなので、出すだけ。

ところで、一昨年あたりから、雛飾りを出し終えると

「いやぁ、華やかで春が来たってカンジだやねぇ〜」

と無意識に感じるように。
オヤジ化は着々と進んでいる様子(苦笑

五月人形より華やかで、個人的には雛飾りの方が好きです。

いま、工作にハマっているだけあって、飾った後しげしげと人形たちの
顔立ちを観察し、「プロの仕事ってやっぱりスゴイ」と思った一日でした。

昨日はこの飾りつけと、長女の学習机到着に備え、押入部屋を大掃除。

3年近く放置だったので、やりがいはあったものの、そんなこんなで
A1 Club QSO PTYは参加せずに終わってしまいました。残念!

でもお陰で、探し回っていた、移動用の同軸とモービル用同軸が見つかりました。

来週からこそはオンエアするぞ!

DSCN3340.JPG

posted by ハリー伊藤 at 16:10| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
JM2DZL/1 ハリー伊藤さん
こんばんは

いゃ〜雛飾り・・・綺麗ですね。

伊藤さん宅は、女の子が2人ですね。

我が家は、娘3人なんですよ。
チビは、今年6年生になります。
我が屋は、押入から出すのかなぁ〜 ?
いつも、全部を出さない。 (^^ゞ

でも、女の子は良いですよね。(^^)v

はじめて、コメントをするので上手く行くかなぁ〜 ?


Posted by JG1UKW/QRP at 2007年02月12日 18:27
雛人形のキットがるよ.

オガクズを糊で固めたようなベースに,いろいろな布(切れ)を貼って作るんだけど,顔やスタイルが時代によって微妙に変るのが面白い.1970年代初めの頃に,うちの母親が自分用に買った(当時のオヤジの月給ほどの値段)のと,弟の娘が生まれた時(2000年4月)に買ったのでは,後者の方が全体に長身で顔が細く小さくなった.

手造りが良いか買った方が良いかはともかく,こうした人形の世界にもキットや自作はあるんだな.話によると,この人形の着物にあたる布(切れ)を観賞する趣味の世界もあるんだそうな.本当に本物の金糸を織り込んだ布(切れ)は非常に高価で,切れ端は業者が買い取ってくれると言う.

僕が買った茶道具の主役である『茶入れ』の仕覆の切れも金襴で作られていて非常に高価だった.数寄者の世界というのは奥が深いね.
Posted by 山田哲也 at 2007年02月12日 18:28
ハリー伊藤さん、皆さん、こんばんは。

雛飾りですか。
何だか暖冬のせいか、そんな気がしませんね。でも、こういう風に季節の節目にイベントをやって、季節のリズムを子どもに感じさせてあげると良いのだそうです。

日本の風習もなかなか粋だなと思いますね。

オンエア、頑張ってくださいね。私は始めてのCW QSOはエレキーを使い、45字/分でやりました。しばらくはQTHもNAMEもコピーできませんでしたが・・(^^;)

A1 CLUBのイベントも次回はA1 CLUBコンテスト、秋にはLet's A1コンテストがありますよ。
Let's A1は縦ぶれでのコンテストなので、皆さんゆっくりで、参加しやすいです。
・・・とついつい宣伝してしまいました(^^;)
Posted by JL8KUS/壺内 at 2007年02月13日 18:09
JG1UKW/QRP 宮嶋さん

ようこそ!ちゃんとコメントいただけています。

宮嶋さんはとてもパワフルでアクティブですね。
ブログは前編読破できていませんが、
宮嶋さんのような手近島運用も面白そうですね。

今後ともよろしくお願いします。


山田さん

なんと!雛のキットですか...
強烈に興味があります(苦笑

ウェディングベアーはキットで手作りしましたが
まさか、の雛キットですね。

工芸品の奥の深さにも関心です。



壺内さん、

こんにちは。

>しばらくはQTHもNAMEもコピーできませんでしたが・・(^^;)

すみません、失礼ながらウケました(笑

最初は、やっぱりそんなところから、
なんですね。

いろいろなところで、「とにかくCWで出てみること」
とあります。

コールサインとRSTが取れれば交信成立ですものね。
あまり色々考えずに、とにかくオンエア!ですね。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年02月14日 13:15
最初は相手のコールサインとRSTレポートを取ることだけで精一杯です.その後が問題で,コールサインとRSTレポートしか取ろうとしなくなると,かなり速いスピードでもコールサインとRSTレポートだけは取れるけど,他はまるでダメという状況になります.全神経をコールサインとRSTレポートだけに集中してしまい,他は聞き流しているんですね.

それが悪いとは申しません.コールサインとRSTレポートの交換が出来たら交信は成立しますから,それで充分だという意見もあるでしょう.こちらがQRPかどうかは相手には証明出来ないことですから,あえてQRPを送らない場合もあります.599が返って来ているのにQRPと送信したところで,相手が信じてくれるかどうかなんて判りませんからね.

ラバースタンプQSOで良いと思います.少なくとも最初の100局〜1000局はそうなるでしょう.その後どうなるかは,その人次第です.正直な話,僕はラバースタンプQSOしかしていません.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2007年02月14日 21:27
山田さん、こんばんは。

なるほど、色々考え方あり、でしょうね。

私自身の考え方は、案外リラックスしています。

大学受験浪人時代に、開局したてでピコ21で1日1〜2時間SSBで
遊んでいたころ、やってみたかった英会話をフィリピンの強い局を
中心に、まずはラバースタンプで始めて、いろいろな局の会話例文を
ワッチして覚えては、自分なりの会話文を加えて、アンテナ紹介や
QRPであることなど...自分なりのスタイルが確立しました。

CWも同じだろうな、と思っています。

当時は、今と違いインターネット・ブログはおろか、
パソコン通信ですら一般的ではなかった中でそれを体得
できたのですからね。

今は、時間が自由にならないことと引き換えに、ついつい
ネットで情報集めに専念してしまいます。

習うより慣れろ、ワッチをたくさんして、だと思います。

自宅でワッチだけでもできれば、随分楽なのですが...
どうも行事ごとや仕事疲れで、このところ外で実験や
運用がままなりません。

ま、春になれば時間も気候も楽になるのでしょうから
今のうちにアンテナやCW修行で準備したいと思います。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年02月14日 23:28
伊藤君,こんばんは.

最近非常によろしいなあ,と思うのはQRZ.comですね.これは便利で早速登録しましたよ.DXとのカード交換に非常に役立ちます.相手局の住所が公表されているので,そこへSASEを送れば早くて2〜3週間,遅くとも2年以内にはカードが届きます.最近はQSL BURO と打電せずQRZ.COM と打電している局を聞いた事があります.

春について...

日本には四季があるとよく言われますが,春と秋は夏と冬の中間に位置しているだけに過ぎません.春も秋も思いのほか早く過ぎ去ってしまいます.これは自転車に乗っていて気付いたんだけど,春になればもう少し遠出をしてみようなんて思っているうちに夏になってしまい,暑くて自転車乗るのが厭になった.そして秋になったら遠くへ行こうなどと考えているうちに冬になってしまい,春を待つことになります.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2007年02月15日 18:56
山田さん、こんばんは。

QRZ.COMですね、私もこの間レジストだけしました。

山田さんのコールサインも検索したら出ていました。
自分の住所を登録すべきか迷って未登録です。

原因はこんなご時勢のおかげで、なのですが
私一人なら別に迷いはしませんが、ホントに最近
非現実的な事件だらけなので参ります。

忙しいのは事実ですが、子供や社会のあるべき姿を
維持したり思案することがオトナの役目でもあるよな
と最近思う次第です。


春のこと

私も高校〜大学時代に自転車に乗っていて、全く同じ事を考えていました。

ただ、若かったですから、ポタリングで流す
というよりは、結構全力疾走で楽しむことも
多かったので、真冬でも結構な汗(笑 をかき
ながら、楽しんだものです。

おかげで、真夏以外は3シーズン同じような気分で
むしろ冬は自然の冷気でクールダウンできるので
楽だった記憶が残っています。

今はそんな体力ではないので、そうは思わない
でしょうけど(苦笑

ただ、今でも思い出すのは、春先暖かくなった頃
から、初夏にかけての夕方〜日暮れ直後に感じる
「街の香り」です。

新緑の活力ある香りであったり、アスファルトが
熱しられてクールダウンしていくときの様々な
香りであったり...

交差点で停まる毎に、ペダルを漕ぎ出す毎に
「ふわぁっ」と感じる香りがなんとも言えず
季節の変化を感じて、「いいなぁ〜」と思った
ものです。

高校時代は、学校から自宅まで、名古屋城の
堀傍を疾走して帰宅していたので、新緑の香りが
特に記憶に残っています。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年02月15日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33514108

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。