2007年02月07日

So cool paddle!

Small Wonder Labsの'Rock-Mite'を調べていて
the ROCK MITE files "Rock-Pile"という面白サイトに辿りついたのですが、

このサイトにある各種リンクを漁っておりましたら

American Morse Equipment社 という所で

無精者の自作パーソン向に'Rock-Mite'用アルミケース'Mity-box'というのを
販売しているのを発見。

これはこれで、コンパクトでアルミ削り出しな所が
ある意味すごく贅沢で好感が持てるのですが
ついでに本業の電鍵を見てみたら...

'Porta-Paddle'

padlhand2.jpgいやいやいや

小型で中々小気味よい!
これまた削り出しですね
削り出しというところに
反応してしまった(苦笑

デザインは好みでしょうが、
私の趣味としては75点です。

legmount2.jpgあれれ、こんな技も(笑

軍用縦振電鍵のようです
だいぶオシャレですが

うーむ、欧米人って大雑把な
イメージがありましたが、反省です。

結構小気味良いものを
アレコレ提供されていますね。




posted by ハリー伊藤 at 12:51| 埼玉 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | パドル関連の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハリー伊藤さん、こんばんは。

Porta-Paddle!!
こ、これは思わず欲しくなってしまうような一品ですね。しかも美しい。

ドライブ中にCWをやられる方がおられるらしいですけど、そういう方にはピッタリですね。

Rock-Pileといい・・・ナイスな記事を良く見つけました。是非ハリー伊藤さんの記事を私のブログでも紹介させて下さい。

私は、というと・・・今日は一日中、ヘンテコリンなことばかりやっていました(^^;)



Posted by JL8KUS/壺内 at 2007年02月07日 20:26
壺内さん、おはようございます。

昨日は雪だったんですね...
関東は一昨日春のような陽気から昨日寒くなり
体調維持が大変です。

VCHアンテナ、調整されたんでしょうか?

記事のご紹介は喜んで!よろしくお願いします。

モービル運用でCW、私のレベルではとてもですが
一説には、バイクモービル(!)でCW打つ方がいらしゃるとか。

最近はやりのビッグスクータならできそうですが
お気をつけて...というばかりです。

それにしても、CWファンというのは一種制限のある
不自由な中でもなんとか楽しむ、という趣向
あるいはマゾ(?)なんでしょうか

QRP・自作・モービルCW 〜共通項があるように思います。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年02月08日 07:20
パドルは移動用の小物は持っていないけど,固定用の大きなヤツはバイブロやベンチャーよりもはるかにフィーリングの良いFCZのパドルキットを組立てたものを20年以上も所持しています.1994年〜1997年頃のO.A.M.では盛んに使っていました.あの頃のリグはミズホのP-7DXのプロトタイプ,P-7を使っていました.これは1992年のハムフェアで自作教室があり,その場でキットを組立てたものです.完成度が高過ぎてつまらないので埃被って実家に転がっています.

FCZのパドルは接点がけっこう手が込んでいる造りになっていて,ネジの尻(頭と反対の部分)にドリルで穴を開け,銀線を差込んで半田付けしてあります.接点のストロークもそのネジでコントロールできて,非常にフィーリングが良いのです.

このパドルやC-MOSのキーヤーは,元々は大久保さんの弟,JA2JSF大久保誠さんが設計されたモノで,今でも使っていますよと昨年のハムフェアで誠さんにお会いした時にお話ししました.C-MOSのキーヤーは『アマチュア無線自作電子回路』にも掲載されています.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2007年02月09日 21:38
山田さん、こんにちは。

自作パドル、実は最も興味のある分野のひとつです。

工作好きですし、みなさん意外と身近な部材で上手く
製作されているので、触発されます。

ネジの尻に穴を開けアルミ棒ですか。
なるほど、そうやってフィーリングを上げるのですね。

今まで出会った手製パドルは、ネジそのままばかり
でしたので参考になります。

早くパドルも作ってみたいものです。
Posted by ハリー伊藤 at 2007年02月10日 12:44
伊藤君,こんにちは.

確かにエレキーはスピード調整など出来て便利です.自分が受信できないような速度で打電するわけには行かないので,自分で受信可能な速度に合わせて送信する時は便利なものです.そういう意味ではスピード調整は一度固定してしまえばほとんど変える必要がないので,速度調整機能は半固定抵抗で充分だと考えています.

あ,エレキーというのは株式会社カツミ電機の登録商標ですね.

FCZのパドルは創業間もない頃に一度発売されましたが,僕は1986年のFCZ研究所発足10周年記念でリバイバルされたものを入手しました.ネジの尻にドリルで穴を開けて銀線を差込み半田付けするという念の入れように驚いたものです.パドルの固定にもベアリングを上下に使用しているので極めて動きがスムーズです.配線用の線材が細かったので,太めの錫メッキ線に変えました.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2007年02月10日 17:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33111044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

QRP Project!
Excerpt: 今日は自作リグのアイデアを探り、JA1NLX吉田さんのサイトを拝見しておりました。
Weblog: JM2DZL/1 CWオヤジへの道
Tracked: 2007-02-17 18:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。