2010年11月02日

2010年11月01日のつぶやき

JM2DZL / Harry
WARCバンドは... FT-817NDか自作機? at 11/01 12:30

JM2DZL / Harry
TS-120V、想像以上に小さいので、シャックなしオイラには、リビングの飾り戸棚(ガラス戸付き)に潜り込ませる芸当が叶うのだ。FT-817NDも良いのだけれど、ちっちゃ過ぎて家では疲れるのよね。 at 11/01 12:27

JM2DZL / Harry
TS-120V、確保。ヘタリ部品を交換して5Wに改造、かな。 at 11/01 12:21

posted by ハリー伊藤 at 00:01| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | twitterおまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TS-120V は,JA1YMDのシャックにあったリグだよ.

何処で入手したのか判らないが,このリグは実売数の割りに出物が少ない.中古市場でもレアらしい.TS-120Sの方はそれでも頻繁に見られるそうだが,10W機のVの方が少ない.

うちにも1台あるよ.記念に残してある.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2010年11月02日 17:50
おはようございます。
TS-120V、ネット通販の中古屋さんでみつけ、昨晩届きました。なんと!YMDの装備でもあったのですね。私が見て回った中古ショップやオークションでは、たまたまタマ数があったのと、各OMサイトで症例や修理例の情報が豊富だったので手を出してしまいました。構造的にメンテもし易い所にも目を付けました。

これから、足りない測定器を揃えていかなければなりませんが、それもまた楽しみ。目的があって回路を勉強していくのは楽しいですね。私の個体は、超美品ではありませんが、フロントパネルの外観は良好で、電気的にもガリすらなく今のところ良好でしたから、アタリだったようです。前オーナのOMを知ることは出来ませんが、丁寧にメンテしてお使いだったことを想像できます。
Posted by JM2DZL/ハリー伊藤 at 2010年11月03日 07:32
今日は,名古屋の徳川美術館で茶道具の鑑賞をしてきました.伊藤君の母校のすぐそばにある徳川美術館だよ.

僕のTS-120Vは1994年のハムフェアの委託品販売コーナーで30,000円弱で買いました.すぐに富山のTETで60,000円掛けてレストアして,今も快調に動作しています.でも,送信する事はほとんどなく,もっぱら受信機として自作送信機の調整に使用中.

電研のシャックにあったTS-120Vは,ex.JG3LFZ坂東が電研に売りつけたモノで,それでも当時はフィールドデーコンテストに持ち出したりして随分使ったなあ.いろいろな意味でエポックメーキングなリグだから,記念に持ってる人も多いはず.売れた台数の割には中古市場に出てこない妙なリグだね.

トップバンド用のクリコンを作る楽しみ付だと思えば,尚楽しいリグになると思う.使ってヨシ,眺めてヨシのリグだよ.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2010年11月03日 21:00
おはようございます。
徳川美術館、懐かしいですね。嫁の両親(埼玉と郡山出身)を連れて行ったことがありますが、源氏物語の原文があったりして、なかなか良かったですね。京都の知り合いに、名古屋出身だというと徳川美術館のことをよく羨ましがられました。

TS-120Vは、視聴したところAGCが少しおかしいのか、火入れしてしばらくは受信レベルがバタつきました。しばらく火を入れると安定しましたが。やはり2SC460が要所要所ヘタっているような状態だと思います。2SC460は千石あたりでは見つけられませんでしたが、2SC1815Yで代替できるようなので、ぼちぼちレストア道を極めてみたいと思います。

Posted by JM2DZL/ハリー伊藤 at 2010年11月08日 04:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。