2010年10月30日

縦振れ電鍵入手・メンテ

DSCN1867.JPG

私はこれまでCWは専らパドルとエレキーばかりで、縦振れ電鍵もちゃんとしたものを入手したいと思っておりました。たまたま今回、中古リグのお店でハイモンド社のHK-704を見つけ、3,800円にて入手できました。価格の割りに、程度の良いものが手に入りました。

DSCN1869.JPG


DSCN1872.JPG

電鍵のベアリング部の様子。グリスがだいぶ痛んできているようです。思い切って一度ベアリング部を洗浄し、グリスの再充填をすることにしました。

DSCN1875.JPG

グリスは、自転車用にと用意してあったシマノ製DURA-ACE用グリスです。精密でベアリングモノを相手する自転車用ですから、使途としては間違いなさそうです。もっとも、自転車(ロードバイク)の世界は随分前からシールドベアリング化されていて、ベアリングにグリスアップするのは極限られた箇所です。

私が高校〜大学生だった20年前は、このDURA-ACEグリスはガンメタリック色でしたが、いつのまにか琥珀半透明色に変わりました。一通りバラしたベアリング・付随パーツを綿棒と潤滑油でキレイに洗浄します。

DSCN1873.JPG

次に、このように新しいグリスを綿棒などで送り込みながら、外して洗浄したベアリング等を挿入し組み立てていきます。

DSCN1876.JPG


DSCN1877.JPG

仕上がりです。グリスアップ後の感触としては、想像以上にフィーリングが変わりました。主な変化点としては、打鍵後に電鍵が戻る時にカチッと戻るようになりました。今まではベチャッと戻っていたように比較すると感じます。戻りが良くシャキッとした動作になったことにより、切れの良い符号になりました。是非、ベアリングのグリスアップメンテは実行いたしましょう。

posted by ハリー伊藤 at 23:49| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | パドル関連の部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偶然にもおなじ704です。
私は、タミヤのミニ4駆用のグリースをつかっちゃいましたが、なんとか無事です。
接点は、紙を挟んでキーを押し付けてぴっぱるるーを100回やれ!ってOMにいわれて実践しましたが、効果のほどは??です。
Posted by JI1KZN at 2010年10月31日 10:59
こんにちは。
そうでしたか、704をお持ちでしたか。大理石モデル・防衛庁指定品の808がベアリングもしっかりしていて大好きなのですが、いかんせん手が届きませんし大袈裟で。丁度704がスタンダードで実用には持って来いですね。今回の買い物は気に入っています。

タミヤのグリースも目的的には合っているからいいのではないでしょうか。しかもミニ四駆用ならプラスティック絡み環境下での使用も意識しているでしょうし。接点は今のところメンテなしで良好です。ミズホのベビーキーではタダの板金なので、すぐ接点が接触不良になりましたが、これで安心です。

Posted by JM2DZL/ハリー伊藤 at 2010年10月31日 12:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167760907

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。