2010年10月09日

SW-40+の時間(準備)

174407937.jpg

SW-40+ですが、このところ忙しかったりしてすぐに製作に取り掛かれずにいますが、ケースや付加周辺回路用パーツを少しずつ取り揃えました。上の写真は、今回のケースに採用したLEADさんのPS-2と言うケース。やっぱり通信機っぽい意匠としては、天板がこうして少しフロントカバーからせり出したものが外せませんね。130W x 60H 110D と、かなり小さめにしています。

174409119.jpg

周辺回路を色々検討した結果、スピーカ内蔵のためのAFアンプ、Sメータアンプ、キーヤー、AFピークフィルタを追加することにしました。ネット上の回路図を色々参考にしていますが、このように仕事で使っている情報カードに気に入った回路図などを貼り付けておくと、事後検索性も良くて便利。

アキバへ買い物に行く時も、携帯性が良いですから部品表など作らず、直接この回路図カードを持って買いまわることができます。回路と関係ないねじ類等は同じくお買い物リストをカードに書き出しています。これは5x3サイズという情報カードですが、5mm方眼が入っていて作図に便利ですし定規代わりになる上、Yシャツの胸ポケットに丁度収まるので、買いまわりにはとても重宝しています。

174410082.jpg

まとめ買いしたパーツもありますが、およそ今回使用するパーツ類がとり揃いました。結構なパーツ点数になるものです。

173015127.jpg

フロントパネルデザインは色々悩みましたが、こんな感じでチューニングダイヤルは右にオフセットとしました。通信機的にはセンターダイヤルがかっちょよいのですが、ケースをコンパクトにしすぎてセンターダイヤルでは少々無理があるのでこうなりました。

バーニアダイヤルは、JI1KZN松下さんの作例をパクらせていただき、後ろへオフセットさせてフロントパネルにはダイヤル部だけを出して目盛はアクリル板の窓から読みます。Sメータは乾電池チェッカのラジケータを再利用。これらは電球色のLEDを仕込んで点灯できるようにする予定。日中の屋外運用には無用ですから、LEDはLAMPスイッチでオフして電力を節約します。

メインの基板に取り掛かっていませんが、まぁケース加工からのんびりやろうと思います。
posted by ハリー伊藤 at 10:37| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自作リグの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お!私と同じケースです。
デザインは相当かっこいいですね。
ちなみに、フロントパネルの色は素でいかれるのでしょうか?タミヤのネィビーブルーのスプレー缶がほとんど同じですよ。
これにこれだけ詰め込むとなるとー大変そうですが。
これは楽しみですね!!!
Posted by JI!KZN at 2010年10月09日 12:14
KZN松下さん、おはようございます。

やはり、同じケースでしたか!このケース、リグ向きですよね。塗色は、我がブランド(?!)カラーの、天板:赤/身(フロント〜リア)は黒を予定しています。

現状のブルーもメカっぽくてカッコ良いのですが、リグにない 『赤』 が気に入っているので。やっぱり、塗装を加えた方がワンメイク感をアップさせますからね。印象も随分変わります。天板には、パンチングパネルでスピーカー坑を付ける予定です。

Posted by ハリー伊藤/JM2DZL at 2010年10月10日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165136255

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。