2010年10月02日

SW-40+の時間(到着)

171213411-334fdcbe5eeef027f49273e39c7d0a4f.4ca71ec0-full.jpg

SW-40+が本日到着しました。現地を9月27日(日本時間28日)に出ていることがスタンプから確認できますから、随分早く届きました。3年前、Rock-Miteの時は12日間でしたから、随分早かったことになります。前回はSALで今回はエアメールだったのでしょうか。ネットで料金から逆探知してみましたが、今ひとつ判りませんでした。

171216567.jpg

前回は作者のDaveによるサインでInvoiceが届きましたが、今回はどうやらProduction ManagerのDaveの奥さんのサインのようです。同時発注のFreq-Miteも届きました。3年前もFreq-Miteを一緒に発注したのですが、組み立てず仕舞いで行方不明です...無念。

171218815.jpg

基板サイズは、70 x 100 mm で、Rock-Miteよりも一回り大き目ですが、VFO付き実用リグとしては恐るべき小型であります。

posted by ハリー伊藤 at 21:28| 埼玉 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 自作リグの部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伊藤君,こんばんは.

いよいよSW-40+の製作だね.作りやすいキットだから必ず完成するよ.コイルを巻く楽しみも随所にあって,楽しめると思う.僕は作りかけのSierraをJR3ELR吉本さんにもらったから,これを11月の全国集会までに完成させようと思う.吉本さんは来るようだから,伊藤君も来れば逢えるよ.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2010年10月03日 01:30
こんばんは!
いよいよですね。
完成の暁には、ぜひQSOいたしましょう!
ウィスキー?ですか? 笑
Posted by JI1KZN松下 at 2010年10月03日 20:07
山田さん、こんばんは。

SW-40+は再現性の良さもさることながら、日本国内でもとても多くの方が製作されているので、そのブログなどを前知識として得られたので、とても安心しています。鍵になるトロイダルコアの巻き方やピッチを詰めると周波数帯が下がるなど、事前にマニュアル以外の実践情報が集められるのも、このキットの良いところだと思います。


KZN松下さん、ようこそ!

いつも、松下さんのブログでカッコいい意匠のケーシングを拝見するに、すっかり自作熱が高揚しております(笑。早速製作、と行きたいところですが、無線プロ資格第壱号受験が今週水曜に迫っているので、ちょっと自作工作はお預け(涙。航空特って4アマ並みに簡単な資格ですが、ちょっとプロ資格も取得してみたくなりました。そんなことより、20mに出たいので2アマも取らないと!

Posted by ハリー伊藤/JM2DZL at 2010年10月03日 22:32
伊藤君,おはよう.

その後,SW-40+ はどうなりましたか.僕は Sierra の本体基板のチェックも終わり,今日から通電して各種調整に入ります.それが済んだら各バンドモジュールの製作をして,マルチバンドトランシーバ Sierra の完成になります.

10MHz,18MHz,24MHzのモジュールが付いていたよ.
Posted by JS1BVK/3 山田哲也 at 2010年10月07日 08:33
山田さん、おはようございます。

実は、キットまだパーツチェックも終わっていません(苦笑 すぐ手を付けたかったのですが、今週は水曜に航空特の国試があったり、本業がどたばたしていたりして、帰宅しても呑んですぐ寝てしまっていました。

周辺回路用パーツ(AFアンプ、Sメータアンプ)も揃いましたので、ぼちぼち進めていこうと思います。
Posted by ハリー伊藤/JM2DZL at 2010年10月09日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164456187

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。